ロゴ画像

アートレイを知る

About

アートレイを知る

ARTRAY

はじめまして、アートレイです

当社は2003年のアナログカメラが主流であった時代に、ノートPCで手軽に画像を取り込めるよう、PCに標準採用されているUSB2.0インターフェースに対応した産業用途向けの非圧縮メガピクセルカメラを、初めて開発したメーカーです。
最新技術をいち早くお客さまの元へ届けることを目標とし、SATAカメラ、USB3.0カメラを業界内で他社に先駆けて販売してきました。
新しい技術の追求こそが、技術者集団としての誇りであると考えています。
また、業界最低価格や最小サイズ等、他社と比較して特色のある製品づくりを目指しています。

モノづくりや研究開発の現場で利用されています!

工場や研究所で欠かせないものとなっている「高精細カメラ」と「画像処理ソフト」。最先端のモノづくりや研究開発の現場で、私たちの目に代わるものとして大きな役割を担っています。
当社はこうした画像処理機器のインターフェースに特化して製品を開発、国内外の展示会や各種イベントで大きな反響を得ています。取引先には、大手メーカー、大学、研究所等がズラリ。製品が思いもよらない用途に使われることもあります。
もちろん会社の規模にかかわらず、さまざまなご要望に応えられるよう、研鑽(さん)の毎日です。

画像処理(産業用デジタルカメラ・コンバータ・ソフトウェア等)

当社は、1995年に画像処理ソフトウェアの開発を目的として創業されました。2000年にはLVDS信号をUSB2に変換する画像処理用コンバータの開発に着手し、ソフトウェアのみならず、ハードウェアにも対応できる画像処理インターフェースのエキスパートとしての道を歩み始めました。
その後、開発の比重をハードウェアに移し、2003年には日本で初めて産業用途向けのUSB2接続メガピクセルカメラ、コンバータを開発、発売当初より利便性が高く低コストでの運用が可能なことが支持され、先駆者としての地位を確立しています。
USB2カメラの豊富なラインアップに加え、既存の考えにとらわれない業界初となる製品を多数開発、Serial ATAメガピクセルカメラ(特許出願中)は画期的な製品として業界の注目を浴びています。2008年にはUSB2遠赤外線カメラを市場に投入、業界1のロープライス(2008年7月現在)により順調に売り上げを伸ばしています。
アートレイの卓越したアイデアと技術力はとどまることを知りません。工場などの製造の現場、医療や研究の分野に貢献できる製品を開発すべく、日々、意欲的に取り組んでいます。

ゴルフ関連機器

画像処理に関するハードウェア、ソフトウェアの実績を生かし、ゴルフスイングの解析システムやインパクトの瞬間を撮影するゴルフボール打球解析システムを開発、販売しております。
これらの製品が、ゴルフ練習場でのレッスンやクラブメーカーのクラブ開発にて使用されている他、PGA(日本プロゴルフ協会)のレッスンプロ向けの講習会への講師としての参加や、ゴルフ大会のイベントブースへのゴルフスイング解析システムのレンタルを行うなど、着実にゴルフ業界での知名度を上げております。