会社情報
経営理念
会社情報
海外拠点
海外代理店
経営理念
"独自固有な画像機器の提供"
"お客様との一体感と信頼の実現"
"社員各位の満足度の向上"


アートレイは1995年、画像処理アプリケーションの
コンスーマへの普及を目的として設立されました。
その後、画像インターフェースに特化し、LVDS-USBコンバータ、
USB2.0カメラ、SATAカメラ、HDMIカメラ、 USB3.0カメラ等、
常にユニークなビジョン製品を提供しています。

多様化する市場環境、急速に進歩する技術社会に対し
高度な技術開発力、アイデア力、提案力を駆使し
お客様に高品位な商品を提供し続け 顧客満足の向上を図ります。

今後のアートレイにご期待ください。
当社は2003年のアナログカメラが主流であった時代に
ノートパソコンで手軽に画像を取り込めるよう、
パソコンに標準採用されているUSB2.0インターフェースに対応した
産業用途向けの非圧縮メガピクセルカメラを初めて開発したメーカです。
最新技術をいち早くお客様の元へ届けることをモットーとし、
様々なインターフェースに対応した製品を業界内で他社に先駆けて販売してきました。

新しい技術の追求こそが、技術者集団としての誇りであると考えています。

「Any interface Any wavelength, ARTRAY.」
(全てのインターフェース、全ての波長域をアートレイで!)
この思想を掲げ、画像処理業界におけるオンリーワンの企業を目指しています。